キャンプ道具

【キャンプ場でリゾート気分】失敗しないハンモックの選び方を解説!

キャンパーなら誰でも一度は憧れるハンモック。

キャンプのマストアイテムでは無いですが、「ハンモック」があることで、遊びの幅がグッと広がるものです。

キャンプ場でまったりリゾート気分を味わったり、ブランコ代わりに遊んだり、大人も子どもも楽しめますよね。

今回は、そんなハンモックについて、購入時に押さえておきたいポイントを解説します!

これからハンモックを購入される方の参考になればうれしいです!

ハンモックの種類と選び方

ハンモックは大きく2つの種類に分かれます。

  • 吊り下げ式
  • 自立式

2つのうち、どちらが自分に合っているかを見極める。

これがポイントです。

迷った場合は、持ち運びに便利な「吊り下げ式」がおススメです!

吊り下げ式の特徴

  • コンパクトで軽い
  • 設営撤収がラク
  • アウトドア感がより強い

コンパクトで軽い

「吊り下げ式」の最大の特徴は、コンパクトでかさばらないこと。

私は「吊り下げ式」と「自立式」両方持っていますが、「吊り下げ式」は場所をとらないので、車に積みっぱなしです。

荷物を増やしたくないけど、たまにハンモックも楽しみたい。こんな方には「吊り下げ式」がピッタリです。

設営撤収がラク

「吊り下げ式」は取り付けが難しそうなイメージがありましたが、実は簡単。

初見で直感的に使えるものが多く、初心者でも心配は要りません。

また、「自立式」と比べるとスタンドも無く軽いため、設営撤収は非常にラクです。

アウトドア感がより強い

「吊り下げ式」は木に括りつけて使用するため、アウトドア感をより強く楽しめます。

ベテランキャンパーはタープ泊をする方もいます。

吊り下げ式の中でも、蚊帳が付いているタイプのものもあり、タープ泊など用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

留意点

「吊り下げ式」を使用する場合は、木を傷つけてしまわないように配慮しましょう。

特に、ストラップの幅が狭い場合、「木」への負担がかかります。

タオルを巻いたり、プロテクターを使用して木の保護をするとよいでしょう。

自立式の特徴

「自立式」の最大の特徴は、場所を選ばずどこでも使用できることです。

キャンプの都度ハンモックを楽しみたい人には「自立式」がピッタリですね。

ですが、以下のデメリットもあるため、その点は理解したうえで購入されるとよいでしょう。

  • 重くて場所をとる
  • 設営撤収に手間がかかる
  • 汚れる(地面との接地面がある)

スタンドがあるため重量もあり、設営撤収に労力がかかるのがネックです。

ここで、意外とおススメなのが「子供用サイズ」の自立式ハンモックです。

我が家で使用しているものは、ミニサイズのハンモックですが、大人も使用できます。

まして、子どもがメインに使う場合は、ミニサイズがちょうどよいと感じています。

おススメのハンモック

吊り下げ式

DD Hammocks DD フロントライン ハンモック

定番モデルはこれ!

ハンモックといえば「DDHammock」のフロントライン!

蚊帳付きで、野営など本格的なキャンプをする方に好まれています。

硬派な雰囲気がカッコよく、ハンモック泊も視野に入れている方にピッタリです!

SheepNot ハンモック

蚊帳付き、通気性抜群!

軽量で収納もコンパクト、設営も簡単です。

蚊帳付きで通気性が良いため、夏キャンプにも最適です!

Unigear ハンモック

コスパ重視の方におススメ!

我が家も2年以上使用しているハンモックです。

ベルトとカラビナがセットで付いており、初見でも1~2分で設営可能です。

直感的に使用でき、コスパも良く、ビギナーにおススメできるハンモックです!

自立式

ゆらふわモック ミニ

大人も使えるミニサイズ!

我が家で使用しているハンモックです。

「ミニ」とはいえ、耐荷重150kgで、大人でも使えます!

設営撤収の負担も軽く、持ち運びが不便という自立式の弱点もカバー。

ファミリーキャンプには「ミニサイズ」が絶妙です!

トイモック

簡単設営、室内用にも◎!

こちらはミニではなく、通常サイズ。 ※対象身長:約180cm  耐荷重:約100kg

高さを3段階調節でき、カラーバリエーションも豊富です。

そこそこ重量(9kg)があるので、

その日の気分に合わせて、たまにキャンプで使いたいという方にピッタリです!

まとめ

キャンプでの非日常感をより高めてくれる「ハンモック」。

子どもの遊び道具としても、大人のくつろぎ時間にも最適なアイテムです。

皆さんも是非ハンモックで、リゾート気分のファミリーキャンプを楽しんでみてください!