キャンプ道具

【ビギナーに最適!】ファミリーキャンプ:おすすめインフレーターマット5選

キャンプ場での、睡眠の質を左右するのは「インフレーターマット」といっても過言ではありません。

自宅でいえば、「敷布団」のような存在であり、特徴としては、、、

  • 寝心地が良い(クッション性が良い)
  • 底冷え対策になる
  • 自動で空気が入る(準備が手軽)
  • コンパクトに収納できる

私は初めてのキャンプの時に、「銀マット」と「シュラフ」だけで寝ましたが、地面が硬くて寝付けなかったのを覚えています。

「インフレーターマット」を使い始めて圧倒的に寝心地は改善し、キャンプ場で日々の疲れが取れるほど快適になりました。

「インフレーターマット」は、これからファミリーキャンプを始める方には、是非おすすめしたいアイテムです。

インフレーターマットを選ぶ4つのポイント

  • マットの厚さ
  • サイズ(シングル or ダブル)
  • 空気の入れ方(自動膨張機能の有無)
  • 価格

マットの厚さ

インフレーターマットの厚さは、3cm~10cmくらいが一般的ですが、

選ぶときは、以下の理由から「5cm以上」がおすすめです。

  • クッション性が高く、底つきしない(寝心地がよい)
  • 底冷え対策の効果が期待できる

キャンプ場の地面は固くてデコボコしていますからね。

サイズは多少大きくなりますが、オートキャンプの場合は、ある程度「寝心地」を優先したほうが良いキャンプを楽しめますよ。

サイズ(シングル or ダブル)

ファミリーキャンプであれば、「シングル」ではなく「ダブル」がおすすめです。

シングルに比べると、最初は収納時にコツがいるかもしれませんが、そのうち慣れると思います。

小さいお子さんがいる場合は、ワイドに使える「ダブルサイズ」のほうが相性が良いでしょう。

空気の入れ方(自動膨張機能の有無)

インフレーターマットは、自動で空気を注入してくれる「自動膨張機能」が付いているものが多いです。

設営の負担を減らすため、「自動膨張機能」があるもの選ぶようにしましょう。

ファミリーキャンプでは、手軽に設営できるというのはとても大事なことです。

価格

ファミリーキャンプの道具を一式そろえるのは、それなりに予算も必要となるものです。

中でも、インフレーターマットは、少しコストがかかるジャンルだと思います。

コストパフォーマンスの良い、自分に合った価格帯のものを選びましょう。

インフレーターマットのおすすめ5選(ダブルサイズ)

商品名コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマットハイピーク ダブルロゴス(高密弾力)55セルフインフレートマット・DUOコールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット ダブルセットII[クイックキャンプ] 車中泊マット 5cm ダブルサイズHilander(ハイランダー) スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm
画像
厚さ10cm5.5cm5cm5cm5cm
重量約5kg約3.9kg約3.5kg約4.4kg約3.4kg
使用サイズ
(幅×長さ)
約128×200cm約135×190cm約63×195cm
※1枚あたり(2枚1組セット)
約137×203cm約132×192cm
収納サイズ
(直径×高さ)
約31×70cm約24×66cm約20×70cm約34×70cm約23×70cm
材質ポリエステル、ポリウレタンフォームポリエステル、ポリウレタンフォームポリエステル、ポリウレタンフォーム表地:75Dポリエステル
裏地:75Dポリエステル ドット滑り止め加工
PU
表生地:ポリエステル100%スエードタイプ/PVCコーティング
裏生地:ポリエステル100%(75D/190T)/PVCコーティング
自動膨張機能有り有り有り有り有り
価格¥13,027¥15,400¥10,489¥7,880¥8,700
リンクAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon

※価格は、執筆時のAmazon参考価格

コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマットハイピーク ダブル

寝心地重視ならこれ一択!

厚さ10cmの極厚タイプのインフレーターマット。自宅のベッドのような最高クラスの寝心地です。

収納サイズは多少大きいですが、快適性を優先したい方におすすめです。

自動膨張で膨らませたあと、収納袋をポンプ代わりにして加圧調整できるのもポイントです。

使用時サイズ約200×128×10cm
収納時サイズ約30×70cm
重量約5kg
材質ポリエステル、ポリウレタンフォーム

ロゴス(高密弾力)55セルフインフレートマット・DUO

「寝心地」と「携帯性」のバランスが良い!

インフレーターマットの厚さは5.5cmあれば、寝心地は十分良いです。

ファミリーキャンパーなら、収納時のサイズや撤収のしやすさも大事なこと。

「快適性」と「携帯性」の両面から、バランスがとれているマットです。

リバーシブル使えるのもポイントです。

使用時サイズ(約)幅135×奥行190×高さ5.5cm
収納時サイズ(約)直径24×高さ66cm
重量約3.9kg
材質ポリエステル、ポリウレタンフォーム

コールマン キャンパーインフレーターマット ダブルセットII

シングルサイズ2枚のセット型!

シングルでもダブルでも使え、自由度が高いマットです。

2枚1組で収納する仕様で、展開時は連結することでダブルサイズとして使えます。

厚さ5cmありますが、収納サイズが小さめで、比較的軽量なのも魅力です。

使用時サイズ約63×195×5(h)cm/1枚
収納時サイズ約20×70cm
重量約3.5kg
材質ポリエステル、ポリウレタンフォーム

[クイックキャンプ] 車中泊マット 5cm ダブルサイズ

コスパ重視の方におすすめ!

車中泊でもキャンプでも使用できるマットで、裏地に滑り止め加工が施されています。

厚さ5cmあるダブルマットの中では、価格が良心的なのがうれしいですね。

幅があるので、小さめのテントの方は、念のためサイズにご注意ください。

グレー・カーキ・サンドの三色で展開されています。

※動画はシングルサイズです
使用時サイズ約203×137×5cm
収納時サイズ約φ34×70cm
重量約4.4kg
材質表地:75Dポリエステル
裏地:75Dポリエステル ドット滑り止め加工
ポリウレタン

Hilander(ハイランダー) スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm

スエード生地が気持ちよい、ピロー付きマット!

厚さ5cmのクッション性に加え、肌触りの良いスエード生地は、寝床の快適性を高めてくれます。

また、好みもあるかと思いますが、枕付きタイプが欲しい方には相性の良いマットとなるでしょう。

使用時サイズ幅132×長192×高さ最大5cm
収納時サイズ幅23×高70cm
重量約3.4kg
材質表生地:ポリエステル100%スエードタイプ/PVCコーティング
裏生地:ポリエステル100%(75D/190T)/PVCコーティング

まとめ

私もインフレーターマットを使いはじめてからは、キャンプ場で日常の疲れをしっかりとることができるようになりました。

寝床が快適だと、キャンプはよりいっそう楽しくなるものです。

寝心地のよい「インフレーターマット」でキャンプ場でも質の高い睡眠をとりましょう!!

【レビュー】ロゴス(LOGOS)(高密弾力)55セルフインフレートマットファミリーキャンプでの寝床作りにおける最重要アイテムは「インフレーターマット」ではないでしょうか。 我が家は、最初は「銀マット」のみでキャンプをしたこともありますが、一度使うと「インフレーターマット」の無いキャンプは考えられません。圧倒的に快適になります。 今回は、寝床の「快適さ」と「準備の時間短縮」の面から、我が家でも使用している、『ロゴス(LOGOS)(高密弾力)55セルフインフレートマット』についてレビューしたいと思います。...